ネッテラーより使いやすいエコペイズの手数料と反映時間

以前はネッテラーというオンライン決済サービスがオンラインカジノへの入出金手段として、圧倒的なシェアを誇っていました。
しかしネッテラーが日本市場から撤退したことで、国内で使用できなくなったことを受け、同じオンライン決済サービスのエコペイズに移行するオンラインカジノのユーザーが急増しています。

エコペイズのアカウントを開設した後、オンラインカジノに入金するには、まずエコペイズに必要な金額の入金を済ませておくことが必要です。
入金は日本円でももちろんOKで、ユーザーの事情に合わせて「銀行振込」「仮想通貨」「エコバウチャー」などから好きな手段を選択できます。
それぞれとても便利な入金手段ですが、ユーザーの環境や使い方によっては、手数料や反映されるタイミングなどが合わない場合もあるので、利用する前によく検討することが重要です。

ここでは、ネッテラーよりもお得で使いやすいエコペイズの手数料と反映時間まとめと題して詳しく解説していきます。
エコペイを使うか検討している方や、すでにアカウントを開設したけど入金方法で迷っている方は、ぜひ一読してみてください。

簡単手軽な銀行振込

簡単手軽な銀行振込

エコペイズへの入金方法で最も人気があるのが銀行振込で、特にクレジットカードによる入金が禁止されてからは、一番お手軽な入金方法となっています。
大手の三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などだけでなく、地方銀行やネットバンクなどあらゆる金融機関に対応しており、日本ではまず不自由することはありません。

日頃から使っている使い慣れた口座から送金できるので安心感が高く、複雑な手続きも必要ありません。
日本国内からの銀行振込には、どの会員ランクでも5%の手数料となっていますが、外国に住んでいる場合は地域によって0~10%となっているので注意が必要です。
これ以外に銀行への振込手数料、エコペイズに支払う通貨換算の手数料も必要になりますが、会員ランクによって通貨換算の手数料は、 クラシックとシルバーが2.99%、ゴールドとプラチナが1.49%、VIPが1.25%とかなり違ってきます。

多くの資金を頻繁に入金する方は、会員ランクのアップグレードを検討したほうがいいかもしれません。
最低入金額に関してはどの会員ランクでも1,249円ですが、最高入金額は12万4,674円~1,745万4,292円と会員ランクによって大きな差が出てきます。

銀行振込による入金がエコペイズに反映されるのは、会員ランクに関係なく基本的に即日で、遅くとも3営業日以内には完了します。
しかしエコペイズへの入金は、銀行の営業時間に行われるので、営業時間や休日などを考慮して振込むことが必要です。

仮想通貨に入金には手数料がなし

仮想通貨に入金には手数料がなし

エコペイズは仮想通貨による入金にも積極的に対応しており、ビットコインをはじめとする13種類に仮想通貨に対応済で、しかも仮想通貨は手数料が無料という大きなメリットがあります。
エコペイズに仮想通貨で入金する場合の最低金額は会員ランクに関係なく1,247円となり、
最高入金額はクラシックが12万4,674円、それ以外の会員ランクでは124万6,734円となっています。

仮想通貨を使った場合の入金反映のタイミングですが、原則即日となっていますが、3営業日ほどかかる場合もあるので注意しましょう。
このように、手数料が一切かからないという大きなメリットがある仮想通貨ですが、オンラインカジノの入金のためだけに、仮想通貨を始めるのは得策ではありません。
ご存知のように仮想通貨は価値が変動するので、大暴落した場合など大きな損失を被る場合もあり、その運用には知識と経験が欠かせず、大きなリスクを伴います。

エコバウチャーでクレジットカードを間接的に使う

エコバウチャーでクレジットカードを間接的に使う

エコバウチャーというのは、いわゆるプリペイド決済と言われる手法で、クレジットカードを使って購入することができます。
つまりエコバウチャーを使うことで間接的ではありますが、エコペイズにクレジットカードを使って入金することができるのです。

ご存知のように、エコペイズにはしばらく前から直接クレジットカードで入金はできないようになっています。
エコバウチャーを使った場合の入金限度額ですが、会員ランクに関係なく最低入金額は1,247円で、最高入金額は1回12万4,673円となっています。

ただしVIP会員の場合は1日で最大1,745万4,292円まで入金可能です。
ほかの入金手段と違って、手続きが完了すれば直ちにアカウントに反映されるというメリットがありますが、その一方で購入手数料として約6%、換金手数料が2.99%、入金手数料が2.9%と3種類の手数料がエコバウチャーには必要で、合計約12%も手数料に持っていかれるという大き過ぎるデメリットがあります。

エコバウチャーは、どうしてもクレジットカードで入金しなければならない場合には、頼れる存在ですが、それ以外では積極的に使う場面はない入金方法と言えます。

まとめ

ネッテラーよりもお得で使いやすいエコペイズの手数料と反映時間まとめと題して、それぞれの入金方法を解説してきましたが参考になったでしょうか?
エコペイズの入金方法で最も人気があるのが銀行振込で、特にクレジットカードによる入金が禁止されてからは、一番お手軽でおすすめの入金方法です。

仮想通貨による入金は、手数料がかからない大きなメリットがありますが、初心者にはハードルが高く、仮想通貨の経験者以外にはおすすめできません。

間接的にクレジットカードで入金できるエコバウチャーも便利ですが、手数料が高すぎるので日常的に使う入金手段ではありません。
これらのことを踏まえながら、自分の環境や利便性などを考慮し、最も適した入金方法を賢く選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。